膨張する宇宙や赤方偏移などについて勉強した

銀河などについて勉強しました。ひときわ近くにある最高明るいクェーサーで、主体から右手下に向かってジェットの感じがとび出しています。赤方偏移がドップラー威力によって生じるとすれば、すべての銀河は我々から遠ざかっておることになります。また、銀河の赤方偏移を実測することにより、銀河の外れる速さ(退勢調子)を求めることができます。1929階級にハッブルは、値十個の銀河の退勢調子とキロを測定し、「遠くの銀河ほど退勢調子が幅広い」ということを発見しました。退勢調子をu、銀河までのキロをrとすると、u=H・r(Hは定数)がなりたちます。これをハッブルの原則といいます。これは、宇宙が膨張してあることを示しています。現在の拡散を過去に向かってさかのぼると、とある時点でアクセントに締めつけすることになります。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがほとんどだったので、知れて良かったし、勉強して良かったです。脱毛ラボ 無料